再度制作・先延ばし。

今朝、窯出しをしました。
懸念していた通りの結果や、よかった…と思える結果が
混ぜこぜで、複雑な結果に終わった今回の本焼き。
本焼きはあと1回の予定。

そして今回の窯から、トートバッグ用のボタンが無事に焼き上がりました。
これは予定通りの出来上がりではありましたが、
肝心のトートバッグ作りなのですが、
大学在学中以来のことで、とにかく要領が悪くて…
思いの外、時間がかかってしまっているという現実に直面。
そんな最中に、今回の窯出しでの大事な作品の失敗が発覚し、
大事な作品の再度の制作にシフトすることにしました。

大事な作品とは….DMのランプです。
既に、DMで撮影できているので、1個は無事に完成しておりますが、
もう一つ作ろうと思い、今回の本焼の窯の中に入れていたのです。
そして、出てきたランプは…
この写真の通り、↓

こんな感じで底部分が歪み、
置くと、前のめりになってしまい立つことが出来ない状態で
窯から出てきました。
この失敗の懸念は、初めてこの作品を焼いた時に感じていた心配でしたが、
その時は無事に焼けたので、今回も大丈夫と思っていたのです。
しかし、今回の焼成では、その懸念が顕著に表れて、失敗作となりました。
前回大丈夫だったから、当然今回も大丈夫と思っていただけに、
この失敗には本当に驚き、前回と今回との違いは何なのだろう?と。
そこを読み取らないと、次はない…
おそらく、本体部分の粘土厚が0.何mmかの誤差が原因かな?と。
斜め上に向かった立つカタチの上部に、いろいろ重いパーツが付いているので、
高温で粘土が柔らかくなる窯の中では、バランスを維持出来なかったのかと。
追い求めるカタチを忠実に目指すことの難しさを
改めて、ヒシヒシと感じています。

そんな大事な作品の失敗を克服すべく、
最後の窯焚きに向け、再度頑張ってみることにします。
なので、トートバッグは、またの機会にチャレンジします。
またしても、ボタン…お蔵入り。(^^;

今日は12月4日。

 

*+ma.style*営業日・お知らせ*